その原因Xにあり 頬のたるみ&夜間頻尿を解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

体の悩みの原因を解決

体の悩みの原因を突き止めて、対応する事で悩みの解決に繋がります。

  • 太らないから揚げ
  • 頬のたるみ(ブルドックフェイス)
  • 夜間頻尿症
  • 背中のブツブツ

太っちゃう唐揚げの原因

唐揚げが太ってしまう原因は『衣』

から揚げ5個=角砂糖3個

唐揚げの衣に含まれる小麦粉に含まれる糖質が太る原因です。

太らないから揚げの裏技

唐揚げの衣に『おからパウダー』を使う。

大豆由来の食材で、糖質はほとんど含まれていません。

糖質が5割カットできるのです。

おからパウダーを唐揚げの衣に使うだけ。

おからパウダーだけでは衣が付きにくいので、おからパウダー2:小麦粉1の割合で衣を作ります。

太らないから揚げの2つの嬉しい働き

  1. カロリーオフ
  2. 血中コレステロールの減少

油の吸収が減るため、カロリーオフに繋がります。

おからに含まれる「レシチン」という成分は、血中コレステロールを少なくしてくれます。

カリッと揚げるコツ

おからパウダーは油切れが悪いので、2度揚げする事でカリッと揚がります。

ブルドックフェイスの原因

加齢による「ほうれい線」「マリオネットライン」「頬のたるみ」など、ブルドックフェイスと呼ばれる状態に悩んでいる人は多いと思います。

加齢や脂肪、むくみなどが原因でブルドックフェイスになります。

しかし、ブルドックフェイスには、意外なもう1つの原因があります。

それは『縮み首』です。

 

縮み首とは、口元から胸元まで広がる薄い筋肉『広頚筋(こういけいきん)』の縮みです。

筋肉は使わなくなると、収縮します。

その収縮した広頚筋に、頬や口の周りの筋肉が引っ張られてしまう。

縮み首チェック

首に横ジワが入っていないかチェックしてみましょう。

首の横ジワは広頚筋が支えきれなくなった皮膚のたるみです。

 

縮み首は日頃のある行動で起こります。

現代人が縮み首になりやすいわけは、スマホやパソコンで長時間首を曲げているからです。

広頚筋が縮むと、広頚筋の上にある皮膚がなだれを起こすのです。

ブルドックフェイス改善法『キスミー体操』

  1. 背筋を伸ばして上を向く
  2. 唇を尖らせる
  3. 「うー」と声をタ出し10秒キープ
  4. 元に戻す

10秒を3セット、1日2回朝晩行う。

広頚筋を伸ばす事を意識して、唇を尖らせるときも口元の筋肉を使っているか意識する。

夜間頻尿症の原因は?

睡眠中に排尿で1回以上起きる人は『夜間頻尿症』

夜間頻尿症が原因で、寝不足が続いて昼間に眠気に襲われるなんて事も。

夜間頻尿症は、冷えや加齢、膀胱の筋力低下などが原因でなります。

 

しかし他にも意外な原因が…

それは『冬のあったかメニュー』にあり。

あったかい食べ物は塩気を感じにくく塩分が多くなってしまうのです。

 

1日の塩分の目標摂取量の目安は、

男性8.0gまで、女性7.0gまで。

 

しかし、冬はあったかメニューが増えてトイレに行きたくなるのです。

体内に貯められる塩分量は決まっています。

そのため、余分に摂取した塩分量は老廃物として体が排出しようとする。

汗や尿として排出するのですが、夏場は汗で排出しやすいけど、冬は汗をかきにくいため、尿として排出されるのです。

夜間頻尿症の改善法『ごろ寝足上げ』

ふくらはぎの下にクッションを置き、足を心臓より下にして寝る。

20分間ゴロゴロする。

 

余計な塩分を排出するための水分が、足の方に溜まっているのを、上に上げて出してしまうという事です。

体が水分を摂取して尿になって排出されるまで40時間かかります。

寝る4時間前までに、ごろ寝足上げを行うと夜間頻尿の頻度が減ってきます。

ブツブツ背中の原因

背中にできる赤いブツブツは、放っておくと治らないで増えるばかり。

冬の背中にできる赤いブツブツは、それニキビじゃありません。

ニキビは、皮脂の過剰分泌や毛穴の詰まりで起こる炎症。

 

冬の背中の赤いブツブツの原因は『肌カビ』です。

正式名称「マラセチア」

ニキビとの違いは、かゆみを伴う事。

 

「高温」「多湿」「不潔」の3つの悪条件が重なると起こります。

皮膚温度34℃、湿度95%以上になると、肌カビが繁殖しやすい。

肌カビは、背中の中央から全体に広がっていきます。

 

冬の肌カビを増やす習慣は、重ね着。

外ではちょうどいい重ね着も、室内では悪条件となります。

肌カビ予防法

背中を清潔に保つ事が大切です。

①お風呂で体を洗う順番

お風呂で体を洗う正しい順番は、

シャンプー⇒コンディショナー⇒コンディショナーを洗い流す⇒体を洗う

②汗をかいたらすぐに拭く

奈良県の一部だけで行われている「マラソンタオル」

タオルの真ん中に穴を開けて被るランニングシャツタイプや、前開きベスト風にステッチが付いたものなど、お母さんが手作りで作成してくれるようです。

マラソンが終わると、服を着たまま首元からスポッと脱げる。

ネット通販でもお取り扱いされています。

もっと簡単に手頃なもので試すのであれば、キッチンペーパーを使いましょう。

キッチンペーパーをクリップで、服のタグに取り付けましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング