この差って何ですか?スティック型掃除機の差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最新スティック型掃除機主要5メーカー

スティック型掃除機のメーカーごとの差。

メーカーごとの特徴で、自分のライフスタイルに合わせて選んでください。

ダイソン

1回の充電で40分使用できるようになりました。

キャニスター掃除機よりも、吸引力が高い。

従来品より50%静かになりました。

ヘッドのローラーが柔らかくて。細かなゴミや大きめのゴミも取れるようになっています。

土足文化のイギリス製の商品だから、吸引力があるのです。

カーペットなどが多い家庭に向いています。

ダイソン公式オンラインストア

パナソニック

「iT(イット)」という名前は、ヘッドがT型からI型になって、隙間を掃除できるから。

壁際にヘッドが来るとヘッドの先が上がって、壁際のホコリも取る事が出来ます。

SHARP

高齢の方や女性におすすめの掃除機。

ヘッドが自走して、勝手に前に進むので操作が軽い。

自立できるのが、他のメーカーにはない機能。

拭き掃除も一緒にやってくれます。

ヘッドの赤いブラシが拭き取ってくれます。

シャープのプラズマクラスター搭載で、ゴミ捨ての時に静電気が発生しません。

東芝

軽さと吸引力を両立した、ダントツに軽い1.9㎏。

付属のノズルを装着すると、掃き出し機能が使えます。

玄関先の落ち葉や、サッシの溝などの掃除に便利。

ホース付きノズルに付け替えると、高い所の掃除が楽にできます。

エアコンのフィルター掃除を外さなくても出来るようになります。

三菱

形がちょっと変わっていますが、普段は空気清浄機として稼働してくれます。

掃除機部分を取り外すと、空気清浄機が強運転に切り替わります。

HEPAフィルターで、99.97%捕集してくれます。

専用アタッチメントに付け替えると、布団掃除機としても使えます。

ソフマップ・ドットコム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング