ショートスリーパーの深い眠りの秘訣 私の何がいけないの⁉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ショートスリーパーは眠りが深い

ショートスリーパーとは

『私の何がいけないの!?』で、紹介された睡眠時間が極端に短い人達。

1時間~2時間30分ほどの睡眠しかとらなくても平気なのです。

しかし、実際には短すぎる睡眠は体にストレスを与えてしまい重病を招く可能性があります。

心筋梗塞・動脈硬化・ガン・認知症などの重病のもとになります。

理想的な睡眠目標は5時間以上がいいですね。

しかしながら、ショートスリーパーの人達は深い眠りにつくのが上手なため、眠っても疲れがとれず朝が辛い人やなかなか寝付けない不眠症の人などに参考になります。

上手に深い眠りに就く方法

ポイントは3つ

  • 起床後すぐに脳を刺激してセロトニンを出す
  • セロトニンを作り出す食材を摂取する
  • 睡眠2時間前のリラックスでメラトニンを出す

セロトニンンを出す

セロトニンとには体内時計の調整と覚醒作用があるため、良い目覚めにはセロトニンの分泌が不可欠です。

起床後すぐに脳を刺激する事で、セロトニンを出す事ができます。

  • 太陽の光を浴びる
  • 運動をする
  • 食事による咀嚼
  • 水を飲む

太陽光を浴びる事でセロトニンは分泌されます。

朝起きてすぐ、朝日を浴びる事で脳を刺激して効果的にセロトニンが作られ目覚めが良くなります。

軽めの運動、ウォーキングや腹式呼吸なども効果的です。

あまり負荷のかからない程度の運動が良いようです。

 

食事による咀嚼はセロトニンの活性化させるのに役立ちます。

そのため、朝食をとる事は大切です。

 

目覚めに水を飲むと腸内を刺激してくれ、腸内細菌が活性化してセロトニンの原料となるトリプトファンを脳へ運んでくれます。

セロトニンを出す食材

セロトニンの原料となるのは『トリプトファン』と呼ばれる成分です。

トリプトファンは主にたんぱく質に含まれています。

動物性のたんぱく質と植物性のたんぱく質がありますが、脳内でセロトニンとして有効なのは植物性のたんぱく質になります。

豆類・穀物などに多く含まれます。

  • 大豆
  • 白米
  • 蕎麦
  • バナナ

これらに多く含まれています。

朝食に納豆や豆腐などを取り入れるとセロトニンを作り出すのに効果的です。

 

睡眠2時間前のリラックス

眠りに就く2時間前にリラックスする事によりメラトニンが分泌され深い眠りに就くことができます。

メラトニンとは深い眠りを誘発するホルモンになります。

深い眠り(ディープスリーパー)は、脳の睡眠と体の睡眠の両方をもたらしてくれるため目覚めが良くなり、朝起きても疲れもなくスッキリ起きる事ができます。

 

休息サポートサプリ「グッドナイト27000」

 

ショートスリーパーの人達のリラックス方法

  • 瞑想
  • チョコの摂取
  • 1時間のお風呂
  • 部屋を暗くしてアロマ

瞑想でリラックスしたり、チョコの摂取でもリラックス効果があります。チョコに含まれるカカオにはリラックスさせる成分が入っています。

お風呂に1時間入るとゆったりとリラックスできます。

部屋を暗くしアロマをたくのは、部屋を暗くする事もリラックスでき、さらにアロマでリラックス効果が得られます。

 

不眠症や体の疲れが取れにくい人は、参考にしてみてください。

しかし、ショートスリーパーは体に良くないので、5時間以上は睡眠をとるよう心掛けてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング

コメントを残す

*