薄毛対策にシリカ水が効果アリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

薄毛にシリカ水が効く

『シリカ水』というのは、私は初めて聞いたのですが『ケイ素』の事だそうです。

ワカメの茎やゴボウ、昆布などにも含まれる成分で、コラーゲンの再生させる働きを持つ成分として体にも多く含まれているそうです。

シリカもミネラルと呼ばれる成分の一つです。

美容にも髪の毛にもいい

コラーゲンの再生を助ける働きがあるので美容によく、シリカは皮膚に特に多く含まれています。

細胞同士を結合させて再生させる働きがあるため、薄毛の毛根細胞にも良い働きあるわけです。

こんな症状の人に効果がある

  • 髪の毛に元気がない
  • 爪が割れやすい
  • 乾燥肌
  • シミ・シワ・たるみ
  • 骨粗しょう症

コラーゲンの生成を活発にするのでコラーゲンを必要とする髪・肌・爪などに潤いをもたらし元気にしてくれます。

また、カルシウムの吸収を良くする働きもあるので、加齢による骨の弱さを助けてくれます。

現代人はシリカ不足

昔はキビや麦などを食べていたため、シリカを自然と取り入れる事が出来ていましたが、今は慢性的に不足している状態に置かれている事が多いようです。

シリカ不足により髪の毛を作る事が出来なくなり、薄毛を招いているともいわれています。

たしかに、現代人はなぜか薄毛が多いような…。

シリカを積極的に摂取する事で老化防止になり、成長期には成長促進となります。

シリカの1日に必要な摂取量

1日に必要なシリカの量は20~50㎎。

しかも1日に排泄されるシリカの量は10~40㎎。

ほとんど、体内には残ってくれない。

だから、毎日シリカを取り込む必要があるのです。

シリカを含む食材

これらは100g中のシリカの含有量です。

  • キビ  500㎎
  • 小麦  160㎎
  • ジャガイモ  200㎎
  • トウモロコシ  20㎎
  • アスパラガス  18㎎
  • 赤カブ  20㎎
  • 青のり  62㎎

キビはたくさん含まれているけど、なかなか摂取する機会がないですね。

小麦・ジャガイモくらい。毎日食べるのはむずかしいかも…。

白米を玄米に替える事で少しだけシリカの摂取量は違ってくるようです。

どんなシリカ水がいいのか

天然水でシリカを含んだものがいいようです。

ペットボトルでたくさん取り扱われているようです。

最低でも10~20㎎は摂取しないと、シリカ不足の状態になりますよ。

【シリカシリカ(霧島天然水)】

加齢とともにシリカは減少?美容のための天然ミネラル「シリカ」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング

コメントを残す

*