心筋梗塞&脳卒中の予防対策レシピと運動 今でしょ!講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

心筋梗塞と脳卒中は冬の1月2月に起こりやすい

脳卒中も心筋梗塞もどちらも血管の病気です。

  • 脳の症状…脳卒中・脳出血・くも膜下
  • 心臓の症状…心筋梗塞・心筋症

血管に血栓が詰まると脳卒中や心筋梗塞が起こります。

血栓というのは、鼻血が固まったものと同じものと考えてください。この血の塊により血管が詰まってしまうのです。血管が詰まってしまうと、血液内にある酸素や栄養が行き届かなくなり細胞が死滅してしまうのです。

ちなみに血管の長さはすべてつなぎ合わせると、10万㎞あります。地球2周半の長さです。

細い血管も含めるとそれだけの長さの血管が体内に張り巡らされているわけですから、いつ血管が詰まってもおかしい事ではありません。

特に冬場は寒さで血管が収縮するので、1月2月は心筋梗塞・脳卒中が起こりやすい時期なのです。

焼き芋屋さんを追いかけて家を薄着のまま出て行き、焼き芋を買ってきて玄関で倒れた。などという事例もあります。

自覚症状は?

  • 心筋梗塞…胸の圧迫・痛み
  • 脳卒中…手足のしびれ・ろれつが回らなくなる

これらの前兆はあるのですが、ほとんどの人が自覚症状に気付きません。

疲れているだけで重大な事だとは思わないので。そのため、ほとんどの人が『いきなり発症した』と思っているのが現状です。

脳卒中・心筋梗塞が発症しやすい時間帯

  • お風呂の時間
  • 寝ている時

お風呂の時間

特に長風呂は危険です。

温まった体の開いた血管に血液が溜まり、脳の血液が薄くなり流れにくくなります。その結果、血栓ができやすい状態となり危険性が高くなります。

【対策】

脱衣所や洗い場と湯船との温度差を無くすようにすれば予防できます。

服を着たままの状態で洗い場に湯船のお湯をかける事で、洗い場の温度を上げる事ができます。

脱衣所にヒーターを置くのも効果的です。

【寝ている時】

寝ている時、いびきをかく人は発症しやすいので注意です。

いびきは血圧が上昇下降を繰り返すため、負担が大きいのです。

【朝】

寒い朝すると危険な行為は、トイレ・洗顔・ゴミ出し・犬の散歩・ジョギング。

必ず、防寒対策をしてから行うようにしましょう。

ボロボロになった血管を回復するレシピと運動

ボロボロになった血管は修復できないと考えられていましたが、近年回復することが可能であると分かりました。

コブや傷つきやすい血管の内側層は回復させる事が可能です。

回復に効果的なレシピと運動を紹介。

食事編血管回復食材

血管回復に効果的な食材は『味噌・チーズ・玉ねぎ』です。

バランスの良い食事を心がけたうえで、意識してこれらの食材を摂取するようにしましょう。

有効な栄養素は『LTP』『ケルセチン』

チーズと味噌に含まれる『LTP』とは、アミノ酸の一つで血圧低下・動脈硬化のリスクを下げてくれます。

玉ねぎにとても多く含まれているのが『ケルセチン』で、活性酸素を減らし、血液の流れを良くする。

ケルセチンは、レタス・リンゴ・ほうれん草・ブロッコリーにも含まれていますが、玉ねぎは群を抜いて含有量がおおいので効果抜群食材です。

心筋梗塞・脳卒中予防レシピ

玉ねぎの味噌汁にチーズを入れるだけ。

仕上げにチーズをちらし、ひと混ぜすればできあがりです。

意外と違和感のなく食べられるようですよ。

心筋梗塞・脳卒中予防体操

その名も『桃太郎運動』。

血管の流れが感じられ指先などがジワジワ血液が流れているのが感じられます。

桃太郎運動のやり方

  • 椅子に浅く腰掛ける
  • ヒザを両手で揃え抱え込むように絞め15秒
  • 大の字に体を開き、手足をぶらぶら揺らします

椅子に腰かけて行うか、ベットの上で寝て行って下さい。

手足を揺らす事で、血液を流します。

この体操を行うと、体が温まり血流が良くなります。

1月2月は脳卒中・心筋梗塞が起こりやすいのでチーズ入り玉ねぎ味噌汁と桃太郎体操で予防を心がけてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング

コメントを残す

*