仙台駄菓子は昔懐かしの全国の駄菓子を集めて出来た

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

仙台駄菓子って知ってますか?

私たちの駄菓子のイメージはこれですよね?

  

仙台駄菓子はもっと昔々の伝統的な駄菓子です。

仙台駄菓子は全国の駄菓子の集大成

仙台駄菓子とは?

元々、仙台では駄菓子職人が多く、駄菓子の衰退期に高い評価を受け『仙台駄菓子』と呼ばれるようになりました。

全国の駄菓子の消滅の危機を受けて、仙台の駄菓子職人が全国を渡り歩き技法を持ち帰ってきています。

そのため、全国各地で消滅してしまった駄菓子を仙台では食べられるのです。

漫画『美味しんぼ』で紹介されて一躍有名になりました。

仙台駄菓子の種類

『じゃりんこチエ』で有名なカルメ焼きも仙台駄菓子の一つです。

他にも、きなこねじり・マコロン・みそぱんなど今でもスタンダードな駄菓子も

   

梅子・えそべ・吉原巻・くるみゆべし…他にもたくさんの種類があります。

見た目も楽しくてかわいらしいです。

仙台駄菓子の老舗 石橋屋

石橋屋さんの仙台駄菓子は紀伊国屋・高島屋などでも購入できます。

石橋屋 仙台駄菓子製造本舗⇒

 

こちらでは全国を巡って集めた駄菓子のレシピが保管されています。

お店で希望すれば見せてもらえるとのこと。

元々の仙台駄菓子はこんなものでした

元々、仙台駄菓子とは子供のお菓子ではなく、食べ物が少ない中で雑穀や木の実を使って作った食べ物でした。

食べる物がない中で生き抜くために生まれた食べ物なんです。

雑穀や木の実を食べやすく色々な工夫を凝らして作りだしました。

当時の仙台駄菓子にはお砂糖は高級食材なので当然入っていなかったのです。

駄菓子の名前の由来

当時の雑穀と木の実で出来た砂糖も入っていないお菓子を江戸に持って行きました。

江戸で「駄目な菓子」と言われてしまい『駄菓子』と呼ばれるようになったそうです。

 

今では仙台の名物

今では使用する材料も良くなってお砂糖も入っています。

そこに仙台の駄菓子職人の高い技術が加わった事で、『駄菓子』とはいえど上質なお土産にも持って行けるほどの上質なお菓子となっています。

今でも、一つ一つ手作りされている、素朴で温かい味が味わえます。

老舗の仙台駄菓子屋さんこんな事してます

サメの生菓子です。

ちなみにこれらは『熊谷屋』さんが作ってます。

熊谷屋さんは江戸時代に創業。元禄8年から続く老舗です。

生菓子は店頭販売のみでオンラインショップでは買えないみたい。

熊谷屋(くまがいや)⇒

最新の作品は『すずめちゃん』

新作が出来るとツイッターで報告してます。

熊谷屋ツイッター⇒

熊谷屋さん遊んでますね。

 

仙台駄菓子まとめ

仙台駄菓子は私たちが知っている駄菓子とは違う、昔懐かしいというより見た事ない駄菓子。

なんだか、逆に新しい。

食べた事がない昔の味を食べてみたいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング

コメントを残す

*