【ジョブチューン】インフルエンザ予防に効く食べ物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

冬の病気を予防する

インフルエンザにかかりやすい、風邪をひきやすくなったなんて人は、免疫力が低下しているから。

その免疫力を上げてくれる食べ物を取る事で、風邪をひきにくい体質にしてインフルエンザの予防にもなるのです。

 

免疫細胞の働きが活性化されると、1つの免疫細胞が多くのウィルスを食べて退治してくれるようになります。

年齢と共に免疫力は低下していきます。

そのため、免疫力を高める食べ物を積極的に意識して摂取する事が大切になってきます。

免疫を高めてくれる食べ物

免疫細胞を活性化させて免疫力を高めてくれる食べ物。

それは『レンコン』です。

レンコンに含まれる「LPS(リポポリサッカロイド)」と呼ばれる成分が免疫力を上げるのに効果的なのです。

免疫力を高めるだけでなく、認知症予防にも効果があります。

 

LPSは土の中で育つ野菜に含まれている成分で、ニンジンが80ほど。

それに比べてレンコンは500以上と、成分の含有率がとても高いのです。

 

さらに『ムチン』と呼ばれる成分がレンコンには含まれています。

切った時ネバネバした糸を引くのがムチンなのだそう。

このムチンはウィルスや花粉などが粘膜から侵入するのを防ぐ効果もあるそうです。

レンコン摂取の目安

レンコンは1日に100gほど摂取するといいそうです。

2週間ほど摂取し続けると、体調に変化がみられるようになってきます。

便秘解消の効果もみられるようになってくるので、便秘の人にも効果的。

 

レンコン成分LPSはフシの部分に多く含まれており、他の部分の5倍のEPSが含有されています。

節つきレンコンが手に入った時は、節の部分を捨てずに活用するようにしましょう。

スーパーでは節は切り落とされていて、手に入れにくいようですがネットなどで注文すれば簡単に節つきレンコンは手に入ります。

【ふるさと納税】B-1 れんこん 約2kg

ふるさと納税でも取り扱いがあります。

他にも、レンコンパウダーなど加工品なら、手軽に毎日摂取するのに向いています。

画像クリックすれば楽天で購入する事が出来ます。

インフルエンザ予防レンコンレシピ

レンコンを調理する際の注意点は、180度以上になるとLPSの成分が壊れてしまうという事。

LPSが多く含まれるレンコンと一緒に、さらにLPSを多く含む食材と一緒に食べられるレシピの紹介です。

ごろごろレンコンの炊き込みご飯

このレシピでLPSが多く含まれる食材は「金芽米」です。

白米の6倍のLPSが含まれています。

完全に精米したものではなく、すこし胚芽を残したお米の事です。

【材料】

  • 金芽米  2合
  • レンコン  200g
  • 鶏ひき肉  100g
  • すりおろし生姜 小さじ1
  • 塩    小さじ1
  • 酒    大さじ1
  • 醤油   大さじ1
  • 切り昆布  4g

【作り方】

  1. レンコンは皮のままさいの目に切り水にさらす
  2. 鶏ひき肉にしょうがと酒を加えて下味をつける
  3. お米に材料全てを入れて炊飯器で炊く
  4. 通常の炊飯モードで大丈夫です

レンコンのすり流し汁

すり流し汁には、LPSが多く含まれる海苔の佃煮を使用します。

海藻類にもLPSが多く含まれているそうですよ。

【材料】

  • レンコン  200g
  • 出し汁   500ml
  • 味噌    大さじ1
  • 海苔の佃煮 大さじ2
  • 青ネギ   適量

【作り方】

  1. レンコンは皮のまま薄くスライス
  2. 鍋にだし汁とレンコンを入れて透き通るまで煮る
  3. 汁と味噌をミキサーに入れて攪拌
  4. 鍋に入れて沸かし、海苔の佃煮を入れる
  5. ねぎを散らせば出来上がり

手軽にレンコンを楽しめる

もっと手軽に食べられると続けやすいので、加工したレンコン商品も活用するとべんりです。

 

ちらしずしなどに入っている花レンコン。

酢漬けなので、そのまま食べる事が出来ます。

酢のものの彩りに浸かったり、サラダに散らしても色鮮やかできれいです。

 

レンコンのピクルスなら、お肉料理に添えてもOK。

 

からしれんこんは、ピリ辛好きの人に。

れんこん湯エキスなら、飲み物としてレンコンが摂取出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング