近江真綿布団は温かくてアレルギー対策にもいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

真綿って何か知ってますか?

『絹』で出来た綿の事です。シルクです。

コットン綿じゃないんですよ。

私はずっとコットン綿の事だと思ってました。

真綿布団とはシルクの布団の事です

真綿布団とは中綿がシルクの糸で出来てます。

布団の中がシルク100%!

有名なのが近江真綿布団

滋賀県の近江が真綿布団で有名です。

近江真綿は国産シルク100%。

真綿布団は何がいいのか

シルクの特徴というのは夏は涼しくて冬は温かいというのが特徴です。

真綿布団は薄っぺらいのですが、とにかく温かい。

シルクが温かいというイメージはないかも知れませんがとても温かいのです。

 

それから、ホコリが出ません。

絹は長い1本の糸です。

絹の原料の蚕の繭はほどくと1本の糸になります。

その糸で出来た真綿を引き延ばして作るので、細かいホコリが出てこないのです。

だからアレルギーを持っている方には、特に真綿布団が向いています。

赤ちゃん布団なども真綿の布団が多く見られます。

値段が高いんじゃないの?

10万円以上しますし、生地にもこだわると数十万円します。

しかし、ネットで探せば10万円以下で購入できるものもあります。

ベビー用などは小さいので比較的購入しやすいお値段です。

シルクの良さを知りたいなら

いきなり何十万円もする真綿の布団を購入するのは躊躇しますよね。

まずはシルクの良さを知ってからでいいと思います。

シルクインナーなどを試すとよく分かるんじゃないかと思います。

男性用もあります。

シルクは一度使うと良さが分かります。

肌着など手頃な価格のものから試してみてはいかがでしょうか。

 

   

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング

コメントを残す

*