珪藻土バスマット 珪藻土で作ってみます?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『珪藻土バスマット』

バスマットって言うよりプレートみたいな感じです。

そもそも『珪藻土』って何?

『珪藻土』という名前を聞いた事ある方もいると思いますが、知らない人の方が多いですよね。

『珪藻土』は、建築資材です。

室内の塗り壁などに使われています。

吸湿性に大変優れた性質があり、室内の湿度が高い時は湿気を吸収してくれ吸湿度がとても高いのです。

室内が乾燥してくると、吸収していた湿気を放散して室内を乾燥から防いでくれます。

『珪藻土』で室内の壁を仕上げると、除湿器と加湿器の役割を果たしてくれるのです。

乾燥肌の方は室内を珪藻土で仕上げると、症状の回復にも役立ちます。

珪藻土って何で出来てるの?

珪藻土は海や湖の底から採れる泥です。

珪藻という藻が蓄積して出来上がった地層から採取できます。

自然から採れる天然素材です。

珪藻土は体に良いって事?

珪藻土は空気中の有害な物質も吸収してくれるので、シックハウス症候群が話題になった時に急速に知名度が高くなった材料です。

アレルギー物質を吸収・吸着してくれます。

天然素材のため、人体に害を及ぼす事はありません。

なので『健康住宅』を謳った、戸建て住宅などによく使用されています。

『珪藻土』=『健康』のイメージが強いです。

珪藻土バスマットは作れますよ

自分で作れば、ガラスビーズを入れたりしてオリジナル珪藻土バスマットが作れます。

珪藻土は建築資材のため、ホームセンターに行けば売られています。

購入する時に気を付けなくてはいけない点は、『珪藻土100%』である事。

建材として販売されているので、着色してあったり他の材料が混じっているものもあります。

バスマットは肌に触れるものなので、素材そのものの方がいいでしょう。

これを水で練ればいいのです。

水で練るだけでOK。

 

一応、流し込む型枠が必要です。

コンパネ(コンクリートパネル)で作るしかないですね。

 

電動工具も必要です。

 

非常にDIY感がでますね。

 

練った材料を流し込んだら。

ここから、左官テクニックが必要になってきます。

滑らかに仕上げないと、裸足で使いますからね。

 

可愛くトッピングしておきますか?

これ、光りますよ。

エクステリア素材にこういうのいっぱいありますよ。

 

後は乾燥させれば出来上がりです。

ザラザラしてたらヤスリでカドを落としてください。

 

DIYは面倒?

確かにこれだけ道具や材料が必要となるとやる気にはなれませんね…。

珪藻土商品は色々市販されてます。

 

これは乾燥剤として使えます。

板チョコみたいに割ってシリカゲルの代わりとして使えます。

 

歯ブラシ立てもあります。

洗面台のヌメヌメを防止できます。

 

コースターとして。

シンプルで意外と素敵かもね。

 

ソープディッシュ。

石鹸って溶けやすいから長持ちしそう。

 

アロマオイルを染み込ませて、芳香剤として使えます。

洗ったペットボトルを乾燥。

使うかな?これ。

 

卵型。

クローゼットの湿気取りなんかに使うといいんじゃないでしょうか。

 

傘立て。

 

靴の湿気取り。

これ凄くいいんじゃないでしょうか。

塩・コショウ入れ。

サラサラに保てます。

 

探せば他にも色々珪藻土商品はあります。

将来、家を建てる時も『珪藻土』の事、覚えておくといいですよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング

コメントを残す

*