感震ブレーカーの設置 値段は3000円代から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

感震ブレーカーの普及率が低い

感震ブレーカーというのは、地震が来た時自動的にブレーカーをOFFにしてくれる装置です。

この装置はブレーカーに取り付けておくだけで、地震災害時の二次災害を防いでくれるのです。

楽天ショップなどを見てみると3000円台の価格で販売されており、取り付けも簡単なので自分で出来ますよ。

テレビで紹介されていたのは、このボールがついたタイプです。

この感震ブレーカーの普及率がとても低いのです。

阪神淡路大震災の時の二次災害の被害の大きさ

神戸の永田町の被害が大きかった原因が火事。

神戸の震災の映像は火災の映像が多かったと思います。

この火事は地震が来て起きた火災より、地震の後に何時間も経って火の手が上がって起きた火災が多いのです。

それはなぜかというと、『通電火災』によるものです。

 

通電火災とは

通電火災というのは地震で電気が切れた後、電気の復旧によって家の中にある家電製品のスイッチがONになり勝手に稼働し始め火災を起こすのです。

地震で倒れた物が重なり合った中で家電製品が勝手に稼働してしまうと火事が起こりやすい状況になってしまいます。

木造住宅密集地であった永田町は、この通電火災で地震の後に被害が増大しています。

地震後いくら家が耐震構造で助かったとしても、火事で焼失してしまう恐れがあるわけです。

自分の家が原因となって、周りの家も全部焼失させてしまうかもしれません。

感震ブレーカーの設置

感震ブレーカーの設置により、地震を感知し自動的にブレーカー切ってくれます。

通電してもブレーカーがOFFになっていれば、家電製品が勝手に稼働する事はないので火事を防ぐ事ができます。

大きな地震が来て、逃げる時に冷静にブレーカーを切るというのも難しいでしょう。

 

自宅のブレーカーをチェックしてみましょう

新しい家であれば、ブレーカー事態に感震遮断装置が備わったものもありますので心配はないかも知れません。

新築で家を建てる予定のある人などは、参考にしてみてください。

パナソニック 地震あんしんばん⇒

古い家の場合は感震装置が付いていない場合が多いため、『感震ブレーカー』の設置が必要です。

横浜市などは、感震ブレーカーの設置に補助金が出ます。

他の自治体でも補助金制度を設けているところもあるので、確認してから購入するといいかと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング

コメントを残す

*