スイーツ革命 太らないラーメンのトッピング 初耳学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スイーツ革命

フランスの人間国宝が作るチョコ

日本でいう人間国宝である、フランスの国家最優秀職人賞を受賞したショコラティエが作るチョコ。

イルサンジェー-Hirsinger Tokyo boutique⇒

東京の表参道店を含めて世界に3店舗しかないという。

チョコレート1個が平均800円ほどします。

完全予約制のため、予約をしないと食べる事が出来ません。

 

ラグジュアリーなスイーツを提供する、東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】

コンビニスイーツ

ローソンの和菓子に革命が起きてた。これで売り上げが3倍になったという。

みんな気付いていただろうか?ローソンの和菓子が冷蔵になっていたのを。

 

その革命とは『お砂糖を変えた』というもの。

元々、和菓子には上白糖をたっぷり使った防腐効果の高い和菓子が常温の棚に並べられて販売されてました。

しかし、女性のお客さんから『甘さ控えめ』という要望が多く、これに応えたのが今冷蔵の棚に並んでいる和菓子たち。

甘みの強い上白糖から、スッキリとした甘さの『氷砂糖』に変更。

違いは甘味度(舌の上で感じる甘さの数値)にあって、氷砂糖は甘さがしつこく残らないキレのある味になりました。

お酒の後に食べたくなるラーメン

東京ミシュラン ビブグルマンに掲載されているラーメン屋さんを紹介。ちなみに『ビブグルマン』とは、コストパフォーマンスの良い『安くておススメ出来るお店』を紹介しています。

ドゥエイタリアン

食べログ⇒

黄金の塩らぁ麺生ハムフロマージュ

白いのはゴルゴンゾーラチーズです。麺に絡めながら食べます。

ソラノイロ

写真はベジソバタマゴ

 

太りにくいラーメンのトッピング

アルコールを飲んだ後、ラーメンを食べたくなるのには科学的な根拠に基づく理由があります。

  • 血糖値の上昇
  • 塩分補充
  • イノシン酸

血糖値を上昇させるため

肝臓がアルコール分を分解するのに集中するための糖分を欲しがります。そのためアルコールの分解で血糖値が下がってしまい、その下がった血糖値を体が上げようとするためラーメンを食べたくなるのです。

そのためラーメンを食べる前に『ナッツ』を食べて血糖値の上昇を抑えると効果的です。

塩分補充

アルコールによる利尿作用で、塩分が体外に排出されてしまい脱水状態になるためラーメンの塩分を体が欲しがります。

塩分補給に良いのは『ぬか漬け』。ナトリウムが多いので塩分補充と共に、発酵食品なので乳酸菌が腸の環境を整えてくれます。

イノシン酸

イノシン酸とは旨み成分の事です。

イノシン酸はアルコールの分解を助ける働きがあります。

ラーメンの出汁に使用されている煮干しや鰹節、またチャーシューに使われている豚肉に多く含まれています。

お酒の後のおススメは『梅おにぎりとシジミの味噌汁』

 

おススメのラーメンのトッピング

『味噌ネギチャーシューラーメン』

味噌とネギが糖質や脂質の燃焼を助け、チャーシューの豚肉が体脂肪の蓄積を抑えてくれる働きがあります。

アルコールの後に食べても太りにくいメニューを選ぶ事でラーメンも楽しめますよ。

 

赤いスイトピーは実はなかった

松田聖子の『赤いスイトピー』。

大ヒットしたため、花屋さんに赤いスイトピーを買いに来る人が続出。

しかし実は…スイトピーに赤はなかった。

それがきっかけでスイトピーの品種改良が始まり18年かかって『赤いスイトピー』が誕生。出来たのは2006年つい最近のことなのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング

コメントを残す

*