ドローンを飛ばすなら航空法を知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本日12月10日航空法が改正されました。

無人航空機の飛行ルールの改正です。

対象となるのはドローン・ラジコン・農散布用ヘリコプターなど、遠隔操作・自動操作により飛行できるものです。

機体とバッテリーの合計重量が200g以下の小さいものなら対象外です。

こういう小さいのは気にしなくていい。

無人航空機を飛ばすのには申請が必要

許可が必要な場所と許可が必要ない場所がある

国土交通省より

  • 飛行機の運行に邪魔になる空港や上空150m以上の場所
  • 人や家が密集している場所

これらの場所で無人航空機を飛ばすには申請が必要となります。

 

飛行方法によっても申請は必要

  • 夜間飛行
  • 目視で確認できない場所での飛行
  • 建造物や人から高さ30m未満の飛行
  • 人が一時的に密集するイベント上空
  • 危険物の輸送
  • 物を上空から投下する場合

 

※特例として、災害時国や地方団体が救助や捜索で使う場合はこれには当てはまりません。

申請の提出先はどこ?

空港近くでの飛行、150m以上の上空を飛ばす時は『空港事務所長』

それ以外は『国土交通省』

とりあえず、空港事務所に郵送すれば国土交通省に送ってもらえる。

そのうちインターネットでも受付できるようになります。

 

他にも注意事項はたくさんありますので、こちらでよく確認してください。

国土交通省HP⇒

無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書

 

ドローンを仕事で使用する機会のある企業法人が増えてきているようです。

ドローンを取り入れている企業法人は社員の方たちにもよく理解してもらえるようにしておきましょう。

 

個人でも子供さんに大きな無人航空機を買い与えている場合は、理解させてから遊ばせましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング

コメントを残す

*