美容

【ダレトク⁉】小顔になれる「かづきテープ」

一瞬で小顔になれる『かづきテープ』

ダレトクの小顔ツアーで紹介された『かづきテープ』

気になった人多いのではないでしょうか?

簡単に顔のたるみやシワをなくして小顔になれる。

「一度、試してみたい!」という人は、こちらのサイトから購入可能です。

続きを読む

女優ファンデーション「お試しサンプル」

プロ用ファンデーション『スター☆オブ ザ カラー』

『スター☆オブ ザ カラー』は、プロ用として撮影現場で使用されているファンデーション。

水に強く汗でも崩れにくいので、屋外での使用に最適なのです。

保湿性が高いので、乾燥する事もなく、化粧直しの手間も省けます。

毛穴や色むらをなくして綺麗な肌質に仕上げてくれるため、写真写りも良くなり見た目の印象も断然変わってきます。

続きを読む

30代から男の肌とニオイのケア

30代から始める男性の肌ケアとニオイケア

30代になってくると、肌質が変化してきたという人も多いと思います。

脂っぽいのに乾燥していたり、ひげそりによる肌ダメージなんかも気になるところ。

また、男性で肌の色が赤黒くなってしまっている人もいると思います。

そんな肌質を清潔感のあるキレイな潤った肌にと考えている人。

メンズスキンケア

続きを読む

MACで一番人気のリップ やすとものどこいこ⁉

MACでお買い物

MACのリップを塗る時、そのまま塗ると乾燥しやすいので専用の下地リップがあります。

実は、このリップは一番の人気商品。

唇の縦じわを消してくれて、リップクリームとしてそのまま使う事も出来ます。

このリップの特徴は何と言っても付け心地。

今までにない感触なのだそう。

ベタベタしないので、リップクリームのベタベタ感が苦手な人にも人気のようです。

続きを読む

髪の分け目が薄い女性の悩み

髪の分け目が薄くなってきた

髪の分け目が薄くなってしまって、頭頂部の髪のボリュームがなくなってペッタンコになってしまったという女性は多いと思います。

髪の毛に変化が出てきやすいのは女性の場合、こういう理由が上げられます。

  • 出産後
  • 加齢

ホルモンバランスの乱れや加齢による血行不良などが頭皮に影響を与え、髪の毛が細く弱くなってしまうのです。

続きを読む

老化予防はホルモンが肌を修復すると若返る

老化予防のキーポイントは『成長ホルモン』

肌の老化防止をするためには、日中受けた肌のダメージを毎日修復する事で可能になります。

肌の修復というのは、睡眠中に行われているって知ってます?

寝ている時に分泌される『成長ホルモン』が、肌を修復してくれているのです。

美容

30代40代の女性は、なんとなく肌質が変わっくるとともに、老化現象が始まります。

  • しわ
  • たるみ
  • くすみ
  • はり

修復し切れなかった事が原因となり、老化が蓄積していってしまうのです。

続きを読む

この差って何ですか?正しい髪の洗い方と乾かし方

キューティクルを傷めない髪の洗い方と乾かし方

髪の毛をサラサラにキューティクルを傷めずに洗う方法です。

①髪の毛をとかしておく

髪を濡らす前に、絡まった髪の毛を溶かしておくことで、摩擦を減らす事ができます。

②コンディショナーを先につける

整髪料をたくさんつけていたり、絡まりやすい髪の人は、髪を濡らしたらシャンプーの前にコンディショナーを先につけるといいそうです。

コンディショナーは髪の絡まりをなくすためのものなので、先につけることで絡まらなくなるのです。

つけたらいつも通り流してください。

続きを読む

リガメントほぐし「ほうれい線&目元のたるみ改善」

リガメントほぐし

リガメントとは骨と皮膚を繋げているものが「リガメント」

そのリガメントが硬くなってしまうと、動きが悪くなり顔の皮膚を引き上げる力が衰え、顔にたるみが出てしわが出来てしまいます。

1日2分を2週間続けると、劇的に顔のたるみが取れちゃいます。

続きを読む

敏感肌のアンチエイジング基礎化粧品「トライアルお試し」

敏感肌でもアンチエイジングが気になる

敏感肌の方は、やっと見つけた刺激の少ない化粧品をずっと使い続けている方が多いと思います。

年齢とともにエイジングケアも気になってきますね。

乾燥しやすい敏感肌の方は、荒れやすい分小じわができやすい。

シワが小さいうちに対応したいけど、なかなか化粧品を見付けるのも難しい状態。

続きを読む

目の下にクマが出来る人VS出来ない人 この差って何ですか?

目の下にクマができるのはなぜ?

血行不良によるクマ

目の下のクマは、目の周りの筋肉の衰えが原因です。

目の周りの筋肉は『眼輪筋』といい、眼輪筋が衰えると血行不良で血液の循環が悪くなり、血液が黒くなります。

目の下は皮膚が0.6㎜と薄いため、その黒くなった血液が透けて見えるのです。

続きを読む