2016年申年の赤い下着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

申年に赤い下着が流行る理由

赤い下着にはいわれがあって、履くと『病が去る』と言われています。

『申』と『去る』をかけてる。そして赤いのはおサルのお尻が赤いから。

この言い伝えも地域ごとに微妙に違うようです。

地域別申年の赤い下着のいわれ

申年のいわれがあるのは主に西日本のようです。

  • 近畿地方

子供から贈られた赤い下着を申年の申の日に身に付けると、寝たきりにならない。下の世話にならない。

要するに、老後の介護なんかさせるなよ。という意味合いで贈るのですね。

  • 中部地方

贈られた下着を身に付けると、病が去る。長患いしない。下の世話にならない。

老いぼれの面倒は看たくないという気持ちを込めて贈りましょう。

 

骨盤底筋と骨盤のWサポートで尿漏れ・ゆるみをスッキリ解消ショーツ

  • 中国地方

パンツを4枚贈ると死が去る。肌着を贈ると病が去る。

中国地方は4枚も必要なのか。でも、贈った方にもご利益があるようだ。

  • 四国地方

贈られたパンツを身に付けると病を遠ざける。こっそりしまっておくと幸運が訪れる。

履くため用のとこっそりしまっておく用で2枚あげるのがいい。

  • 九州地方

贈られた肌着を身に付けると病が去る。サルマタがベスト。

サルマタをあげましょう。

 

基本的にプレゼントしてもらわなきゃいけないのですね。

これは、家族同士でプレゼントし合っこするのが一番いい気がする。

そうすれば、みんな健康!

 

赤色は温かい

ちなみに色って温度があるというのを聞いたことがあります。

赤色というのは人の体感温度を上げるため、冷え性の人にいいのです。なので冬場に赤い下着を付けるのはとても有効的。

 

2016年ペットもリニューアル

ついでなのでペットも2016年仕様にリニューアルしましょう。

赤を身に付けて2016年も元気に過ごせるでしょう。

では、申年も良い年でありますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

WEB検索

カスタム検索

ブログランキング

コメントを残す

*